TOP > 院長による定期的な症例紹介

院長による定期的な症例紹介

上下顎に金属精密義歯を作成しました。


DSC_8060.JPG  DSC_8062.JPG
この患者様は、総入れ歯が合わないことと、見た目が悪いことを主訴にご来院されました。

DSC_4811.JPG
入れ歯を入れても安定せずに、あまり上手く咬めないと言われていました。

DSC_4805.JPG  DSC_480d6.JPG
上顎の入れ歯は継ぎ足し継ぎ足しで使っているのと、下顎の入れ歯は全く覆われていないのがわかります。

DSC_5939.JPG  DSC_5935.JPG
早く咬めるように、まずは仮の入れ歯を作りました。

DSC_6614.JPG
仮の入れ歯が安定したのを見計らって、仮の入れ歯を使って型取りをしました。

DSC_8048.JPG   DSC_8043.JPG
上顎は精密金属義歯、下顎は精密金属義歯+ソフトデンチャーが出来上がりました。
     
DSC_0207.JPG
入れ歯が完成し、患者さんから『見た目もよく、入れ歯も安定しています。』と仰っていただきました。

ページトップ

上下顎に、審美精密義歯を作成した症例

 

11557_2681236.jpg
この患者様は、残っている歯がグラグラで、うまく咬めないことを主訴にご来院されました。

DSC_9026.JPG
後日、今使われている入れ歯を使って、その場で歯を継ぎ足し、何とか使ってもらえるように修理しました。

DSC_2217.JPG
その後、上下顎に審美精密義歯を作りました。


DSC_2222.JPG   DSC_2226.JPG
患者さんからは『しっかり咬めている』とお褒めの言葉を頂きました。

ページトップ

上顎に審美精密義歯を作成した症例


DSC_4717.JPG
この患者様は上の奥歯がないことを主訴にご来院されました。

DSC_9116.JPG
左右の最後方の歯がグラグラだったので、磁石の歯にしました。

DSC_9123.JPG
審美精密義歯が完成し、患者様からは『バネが目立たなくてうれしい』と言っていただけました。

ページトップ

上顎を精密金属義歯、下顎を審美精密義歯で作成した症例

DSC_0608.JPG  DSC_0618.JPG
この患者様は、上の写真の様な入れ歯を下につけて、上はブリッジが奥歯の2本を残して全部とれた状態でご来院されました。

DSC_3525.JPG
ですので、早速仮の入れ歯を作り、見た目と咬み合わせの改善を行いました。

DSC_8912.JPG  DSC_8941.JPG
残っていた歯を治し、審美精密義歯を作成しました。

DSC_8923.JPG  DSC_8927.JPG
患者様からは、『久しぶりに大きな口を開けて笑える』と言っていただけました。

ページトップ

下顎に精密金属義歯+ソフトデンチャーを作成した症例

DSC_8415.JPG   DSC_8424.JPG
この患者様は、上の歯がしっかり残っているため、咬むたびに下の入れ歯が動かされてしまい、『痛いし、入れ歯が外れて食事ができないから何とかして欲しい』と訴えられて、来院されました。

DSC_8425.JPG
早速、今使われている入れ歯を何度か修理し、何とか動かず痛くなく咬める入れ歯にしました。

DSC_8109.JPG  DSC_8112.JPG
今使っている入れ歯を参考に、新しい入れ歯を作り、その過程で外れない入れ歯を作っていきます。

DSC_9686.JPG  DSC_9695.JPG
新しい入れ歯を作り、少し入れ歯が安定しだしました。

DSC_9764.JPG  DSC_9760.JPG   
新しい入れ歯がなじんできた所を見計らって、ソフトデンチャーにするための型取りをしました。

DSC_9960.JPG  DSC_9957.JPG   
入れ歯が割れないように金属のフレームが入ったソフトデンチャーが完成しました。

DSC_9971.JPG  DSC_9984.JPG
患者様には『やっと咬めるようになった』と仰っていただきました。

ページトップ

1  2  3  4  5  6  7  8