TOP > 院長による定期的な症例紹介

院長による定期的な症例紹介

上下顎に審美義歯を入れた症例

DSC_1963.JPG

この患者さんは、今までに一度も入れ歯を入れたことがなく、この状態で過ごされていました。
しかし、食事がうまくできないことや、笑った時に歯がないので、外に出るのが億劫だということで、
今回入れ歯を作ることになりました。


DSC_0006S.JPG

まずは、残っている歯を治療をしました。
その後、仮の入れ歯を入れて、入れ歯に慣れてもらうのですが、
初めて入れ歯を入れると、たいがいの患者さんは上の入れ歯に慣れるのに苦労するので、
毎回裏側を少しずつ削って、患者さんが受け入れられる大きさに調整していきます。


DSC_0019S.JPG

仮の入れ歯の調整が終わり、入歯に慣れてきたので、最終の審美義歯を入れていきました。
患者さんには、『外に出るのが楽しくなった』と、とても喜んでもらえました。

ページトップ

上顎に超精密金属義歯、下顎に目立たない審美義歯を入れた症例

DSC_4454.JPG     DSC_4443.JPG

この患者様は、「入れ歯の見た目が悪く、食事をすると物が入って痛くて咬めない」ことを主訴として来院されました。

カウンセリングでは、「見た目の良い入れ歯にして、大きなお口を開けて笑いたい」、「しっかりした入れ歯をつくり、普通に食事ができるようになりたい」とおっしゃっていました。

ですので、何度かの話し合いの結果、治療計画は、上顎を金属床の中でも最も軽く薄いチタンを使った超精密金属義歯に、下顎を入れ歯を支えるバネが従来の金属からピンクの樹脂になった、目立たない見た目の良い審美義歯にすることにしました。
 

DSC_4840.JPG     DSC_4842.JPG

上記の写真は、入れ歯の作成過程で、かみ合わせを記録する「咬合採得」という作業の記録ですが、見た目がおかしくないように、前歯が患者様の両目を結んだ線や、鼻と平行になるように、慎重に理想的に歯を並べる位置を記録していきます。
この作業が、見た目の良い入れ歯を作るための一番重要なところになります。


DSC_6077.JPG

患者様より、「歯並びは男性的で、自然な感じで並べてほしい」という注文を受けていたので、何回か仮合わせを行い、徐々に患者様のイメージに近づけ、今回の歯並びで了解が得られたので、上下の顎に新しい入れ歯を入れることができました。

お陰様で、患者様にはこの入れ歯を気に入っていただき、大変喜んでいただきました。

 

ページトップ

上下の歯に審美入れ歯を入れた症例

 DSC_0074.JPG
 ➡
 DSC_0006.JPG
 ➡
 DSC_0022.JPG

ページトップ

前の入れ歯が何度も割れてしまうので、金属の入れ歯で作り直した症例

DSC_5618xc.JPG ➡  DSC_5626z.JPG



 

ページトップ

上下の歯にバネのない審美入れ歯を入れた症例

DSC_4139.JPG ➡ DSC_2356.JPG

ページトップ

1  2  3  4  5