TOP > 入れ歯の装着後の注意事項

入れ歯の装着後の注意事項

装着したその日が入れ歯作りへのスタート

複雑な口腔に難症例の入れ歯をフィットさせるには、何回か調整を繰り返し、歯科医と患者さんの両方が良い結果を目指し努力する必要があります。 

ページトップ

「まず初日はスープで口を慣らす」

高齢で歯ぐきの土台が平ら、あるいはへこんでいる入れ歯の患者さん、あるいはほとんど歯がない患者さんは、まず入れ歯が、歯ぐき、筋肉に慣れるために初日はスープ、おかゆなどをとっていただき、翌日から柔らかいものを少しずつ小さくしてゆっくり食べていただくと良いと思います。

最初の1週間は小さめ柔らかめが原則です。キズができないように少しずつ慣れてください。入れ歯は2枚のガラスを水に介して合わせると陰圧が働いてはずれないという原理を使用していますから、2枚のガラスが少なくとも、ピッタリと合わないとすぐ外れます。その為咬み合わせの調整は全体が均等に咬むように調整するのですが、実際に食べる段階になると診療室でピッタリしていても、その通りに咬めるとは限りません。
 

ページトップ

難症例の方は特に慎重に慣れていく

上下でしっかり咬み合う歯のある方のようなケースは比較的咬み合わせも安定していますから、あまり困るようなことはないのですが、なんといっても難しいケースは、高齢の方、上下でしっかり咬み合う自分の歯が無い方、歯ぐきの土台が無い方で、そういった方は徐々に慣れるように柔らかいものから少しずつ咬んで下さい。
家で食事をとる時の咬み合わせは医院で咬んでいる時とは異なり、リラックスしていますから患者さん本来の咬み合わせで咬むことになります。医院で意識的に咬んでいた状態とは微妙にずれていることが多いので、入れ歯が新しく入っても、初めは無理に咬んで慣れようとするのではなく、柔らかい食べ物を小さくして少しずつ食べ慣れていってください。入れ歯が入ったその日から慣れなければいけないと咬み応えのあるもの、硬いものを無理して食べると歯ぐきも薄くなっているのでキズができてしまいます。すると痛いので、それを避けようと本来の咬みあわせがずれてしまい正しい調整ができなくなってしまうことにもなるので、とにかくキズができないように注意し、もしズレて痛くなりそうな時に早めに診せに来てください。

 

 

ページトップ

よく咬める入れ歯は味もよくなる

よく咬める入れ歯とは、咬み合わせが左右で均等で、アゴの動きがスムーズになるよう調整されている入れ歯です。そうすれば、口腔の歯や歯ぐきやアゴの骨に異常な力がかからず、よく咬め口腔全体の健康に大きく寄与することになります。

咬み合わせがしっかり決まれば入れ歯がピッタリとなり違和感が減り、食事もおいしくなります。味覚の感じ方は、食べ物の中の味物質というものが咬むことにより唾液とまざって溶け出しそれが舌の味を感じる細胞に届けられ味を感じるのです。つまり、入れ歯でしっかり咬めるほどおいしく食べられるのです。咬み合わせがしっかりした感覚のよい入れ歯は、特においしく食事をするという点においてはとても大きな役割を果たします。

 

ページトップ