TOP > 入れ歯コラム

入れ歯コラム

自分に本当に合っている入れ歯を作るなら自費精密義歯がおすすめ

自費精密義歯というのは、保険を利用するのではなく自費負担で、より精巧に作る入れ歯のことです。
通常の入れ歯であれば保険が適用される治療なのですが、やはり保険が適用される範囲で作ろうとすると色々な制限がかかってしまいます。
材料や技術だけではなく、治療にかかる期間もできるだけ短くすることになり、自分に合っている義歯が作れるとはとてもいえません。
 
一方、自費精密義歯であれば自分の口内の形や他の歯の状態に合わせた入れ歯を作ることができます。
 
■「本当に自分に合う入れ歯」を作るなら自費が一番
保険が適用される入れ歯であれば、治療費をとても安くおさえることができます。
ただ、保険はあくまで最低限の医療を保障するものですので、よりレベルの高い治療を受けたい場合には自費で義歯を作ることをおすすめします。
 
保険で作る義歯と自費で作る義歯の違いは、当然ながらその品質や材料に強くあらわれます。
例えば保険で作る入れ歯は、主にレジンと呼ばれるプラスチックで作られることになります。
これはとても安価で修理しやすい素材ではあるのですが、熱を感じにくい他、厚さがそれなりにあるため口内の違和感も強いのがデメリットとなります。また破損しやすいことも特徴です。
 
一方、自費精密義歯の中でも多く作られる金属床の入れ歯は、レジン床の入れ歯と比べより薄く作れるにもかかわらず壊れにくい上、熱も感じやすいので食事の際の違和感も少なくなります。
こういった材料にあらわれる違いに加えて、自費精密義歯はより自分に合っている入れ歯を作ることができるという点で保険の適用される入れ歯と大きく異なります。
 
基本的なテンプレートに添って作られることが多い保険の入れ歯と違い、自費であれば本来ひとりひとり異なっている口内の形や状態に合わせた入れ歯を作ることができます。
材質の違いと合わせれば、入れ歯としてのクオリティは自費の方がずっと高いということがよくわかりますよね。
 
保険で作る入れ歯の場合、製作のための費用を出来る限り削減しなければいけないという事情があります。
人件費もカットしていくことになりますので、じっくり患者さんと相談し、時間をかけて作るという理想的な製作過程は踏めないということになります。
入れ歯は、既製品でもサイズさえ合えば問題なく着られる服とは違います。
本当は、ひとりひとりに合わせてオーダーメイドで作る必要のある物です。
そのため健康や機能性の面からいえば自費精密義歯が理想的なのですが、それには高いコストがかかるということがネックとなっています。
 
■インプラントができない方にも自費精密義歯がおすすめ
機能性の面でも審美歯科的な視点からも、歯の治療にはインプラントがおすすめです。
ただ、骨に人工の歯根を埋め込むという治療法である以上、骨の状態などによりインプラント治療が難しいケースもあります。
また必ず手術が必要となりますので、体調を崩している方にとってもインプラント治療はおすすめできません。
その場合におすすめしたい治療が自費精密義歯です。
 
歯や歯茎の状態は患者さんによって異なりますし、何を優先して治療していきたいかも人それぞれです。
例えば見た目を一番に気にしているという方もいらっしゃるでしょうし、それよりも食事をおいしく食べられることを優先しているという方もいらっしゃるはずです。
また、入れ歯をしている際の違和感や痛みが一番軽いものを選びたいという方もいらっしゃいますよね。
 
こうした様々なニーズに応えることは、残念ながら保険適用内の入れ歯では難しいです。
自費精密義歯であれば、自費で色々な材料や技術を選ぶことができますので、本当の意味で自分に一番合っている入れ歯を作ることができます。
 
例えば、金属のバネが見えるのが嫌だ、人目を気にすることなく笑えるようになりたいという場合にはバネの見えないタイプの審美義歯がおすすめです。
見えない部分は金属で補強し、目に見える部分はプラスチックなど自然な見た目の素材で作ることで、見た目の美しさと機能性・耐久性を両立しています。
 
また、インプラント義歯という入れ歯もあります。
こちらは人工の歯根であるインプラントを埋め込むことにはなりますが、インプラント治療は最低限に抑えることができるため身体への負担も少なく、治療期間も比較的短くなることが大きなメリットとなります。
 
入れ歯といえば左右の状態の良い歯にバネなどでひっかけて固定するのが一般的ですが、インプラント義歯の場合インプラントにマグネット式の義歯を取り付ける形で固定しますので、他の歯へ負担をかけることがありません。インプラント治療として見た場合にも、状態を安定させるまでの過程が少なくて済みますので安心して治療を受けることができます。
 
インプラント義歯は元々歯があった部分に取り付けますので、他のタイプの入れ歯以上に自然な噛み合わせを取り戻すことができます。
また総入れ歯の場合もより安定性を高め、食事もしやすくなることが特徴です。

ページトップ

自費精密義歯とは

義歯とは入れ歯のことで、保険を適用して治療をすることができます。
しかし、保険治療の場合は、使用する材料や器具などに制限があるので、より良い治療ができない場合がほとんどです。
噛み合わせに不具合が生じたり、安定していないので動いて痛くなったり、不快になったり、見た目も良くなかったりなど、保険治療をした入れ歯に不満を持っている人が少なくありません。
それに対して、保険では使用できない材料や器具、薬を用いて作る入れ歯のことを精密義歯といいます。技術的にレベルの高い技工士が、一人一人にぴったり合うように作ります。
口にぴたりとフィットし、噛み合わせが良く、食事も快適にできて、外見からも入れ歯とはわかりません。
保険適用外の自由診療なので、治療費は全額個人負担となります。

保険適用義歯への不満・悩み
保険適用の入れ歯治療への不満は、どのようなものがあるのでしょうか。
「入れ歯が安定せずに口の中でガタガタして、食べ物をうまく噛むことができずに、食事中にはずれてしまうことがある」
「歯ぐきにあたる部分が痛い」
「食べかすが入れ歯の中やすき間に入り込んでしまう」
「入れ歯の調整がうまくいかない」
「硬いものや弾力があるものが噛みきれない」
「食事が美味しく感じられない」
「厚み(約3~4mm)があるので口の中が狭くなったように感じる」
「たわみやすく、こわれやすい」
「汚れや臭いがつきやすく、すりへる」
「バネや針金などの異物感で口の中が不快になる」
などの不満をかかえている方が多いようです。
一番多いのが食事に関する悩みで、食べ物をよく噛むことができない、ということです。入れ歯にすると噛む力が弱くなり、自分の健康な歯で噛む時よりも約30~40%の力になってしまいます。
材料はプラスチックを使用するために、食べ物の温度がわかりにくくなります。温かいものや冷たいものなどを感じることができないので、美味しく食べることができません。
すべて、入れ歯がその人に合わないのが原因になります。

保険適用義歯と自費精密義歯の違い
保険適用の入れ歯治療は価格が安く、破損しても修理が比較的に簡単だという利点があります。
欠点は、費用を安く抑えるために材料や技術料などに制限があり最低限の入れ歯しか作ることができないので、ピッタリ合って快適な良い入れ歯に巡り会うことが困難です。
保険適用の入れ歯治療の不満を解消するために、前述したように自費での精密義歯があります。自費精密義歯は、高い技術力と良い材料で、違和感の少ない入れ歯を作ることが可能です。
歯は、全身の健康にも影響します。食べ物がうまく噛めないと内臓に負担をかけます。体のバランスも悪くなります。
自費精密義歯の費用は高額になりますが、自身の健康や快適な生活を送るために考えてみてはいかがでしょうか。


自費精密義歯の種類の一部を紹介します。

・マグフィット
残っている自分の歯に磁石にくっつきやすい金属をつけ、入れ歯に小型磁石を埋め込んで、入れ歯をしっかりと固定させる方法です。
従来の入れ歯は、残っている歯に金属のバネをかけて入れ歯を支える方法でしたが、支えの歯に負担がかかっていました。
マグフィットは自分の歯に金属を取り付けるだけなので、負担がかかりません。
また、金属と磁石が引きつけ合う性質を利用しているので、ピタッとくっつきます。
装着や取りはずしも簡単にできて、従来の入れ歯のようにバネがないのでお手入れもラクにできます。

・審美義歯
金属製のバネではなく、ナイロン弾性樹脂を使用して入れ歯を固定する方法です。
弾性があるので歯をしっかりとはさむことができて、審美性も高くなります。

・ソフトデンチャー
入れ歯の裏側の歯ぐきに接する部分を、柔らかい素材の生体性シリコーンで覆います。柔らかくクッション性があるので、しっかり噛んだ時に歯ぐきにあたっても痛くなく、吸着力にも優れています。
生体性シリコーンは変質や劣化もほとんどなく、クッション性も持続します。
今の入れ歯で痛みがある方や、よく噛めない方、外れやすい方におすすめの方法です。

・金属コバルト床
厚みが、従来のレジン床(プラスチック)の3分の1なので、口の中でも違和感がなく、装着力があり、よくなじみます。
金属だから熱伝導があるので、食べ物の温度も感じることができて食事が楽しめます。

ページトップ

審美性と抜群の安定感を誇る「コーヌスクローネ」

「コーヌスクローネ」という義歯をご存じでしょうか?
茶筒式義歯とも言われています。
ちょっと聞きなれない言葉ですので首をかしげる方も多いかもしれませんね。
コーヌスクローネとは、欧米では最も安全で信頼のおける義歯とされているのです。


●コーヌスクローネとは? どうして茶筒式と言われるの?

一般的な義歯の場合、残っている周りの歯に「クラスプ」という留め具に義歯をひっかけて固定する手法をとっています。
取り外すのが簡単という大きなメリットがある反面、笑っている時に留め具が見えてしまったり、食事の時に動いてしまって食べづらいというデメリットがあります。

コーヌスクローネは、はめ込み式で、かつ簡単に取り外すことができる義歯です。
ちなみにコーヌスクローネはドイツ語で、「クローネ」は「王冠」の意味を持っています。

コーヌスクローネの治療ではまず、残っている歯を削って形を整え、その上に内冠をかぶせます。
これが土台になります。
その土台にぴったりと合う外冠とそれに連結した義歯をかぶせます。
コーヌスクローネが茶筒式義歯と呼ばれるのは、内冠と外冠の二重構造が、茶筒の「本体」に「フタ」がぴったりとしまる構造に似ているからなのです。


●コーヌスクローネのメリットは?

コーヌスクローネは、留め金を使っていないので審美的にも優れていますし、内冠と外冠を固定していないので簡単に取り外すことができます。
茶筒のフタは、本体をどんなに振っても外れませんが、フタを軽く回せば外すことができますね。
コーヌスクローネは、その原理と全く同じ仕組みなのです。

また、残っている歯に対して横向きに引っ張る力がかかりにくいので、残っている歯への負担が少なく、かつ安定させることができます。
装着時には食事中でも簡単に外れることはなく、安定感があるのでしっかりと噛むことができます。
さらに、コーヌスクローネは比較的小さなものなので話す時の違和感が少ないと言えるでしょう。
アナウンサーや芸能人の方がコーヌスクローネを愛用しているという話もうなずけますね。

このほか、お手入れもしやすく虫歯になりにくいという利点があります。
気になる耐久性についてですが、土台の歯が痛んでしまった場合でも、すべてを作りなおすが必要がなく、土台部分だけを治療すればOKなケースもあります。


●こんな方におすすめ!

コーヌスクローネは、残っている歯を削らなければならなかったり、保険がきかないというデメリットはあるものの、インプラントのように外科手術を受ける必要がないので、手術を受けたくない方にはおすすめの治療方法です。
確実で安定感があり、かつ予後のよい治療方法なのです。
コーヌスクローネは確かな技術が必要とされる治療方法なので、興味のある方はぜひ当院にご相談ください。

ページトップ

入れ歯の歴史(欧米編)

現存する世界最古の入れ歯はどこで使われていたものでしょうか?
それはエジプトで、紀元前2500年ほど前に作られたものと言われています。
エジプトのギザの墓場から発掘されました。
ただ、これは「入れ歯」というより「義歯」に近いものだったようです。

ヨーロッパでは1746年に発刊された「歯科外科医」という書物のなかで「総入れ歯」という言葉が初めて使われています。
ちなみに現存する日本最古の入れ歯は、1538年に亡くなった尼僧が使っていたものですから、日本の入れ歯技術には目を見張るものがありますね。
さて、当時のヨーロッパの入れ歯は、顎の粘膜に吸着させるものでなく、入れ歯を上下に入れて、スプリング状のバネの力で支えているものでした。
機能性より見た目重視で、着けていても不安定だったため、食事をする時には使えなかったようです。
また、当時は象牙、カバやセイウチの牙、死んだ人間の歯さえ入れ歯に使っていました。
これらの入れ歯は大変な悪臭を放っていたようです。
また、しっかりかみしめていないと入れ歯が口から飛び出てしまうという難点もありました。
臭わず、見た目も美しい総入れ歯が待ち望まれたヨーロッパでは、1774年、陶材で焼いた総入れ歯がパリで登場しました。
現在の入れ歯のように、土台と歯が一体となったタイプで、悪臭については改善されたものの、やはり、食事をするのは難しかったようです。
実用的な入れ歯は1851年の弾性ゴムの開発を待つことになります。

ページトップ

入れ歯の歴史(日本編)

いまでは一般的になった入れ歯ですが、いったいどのくらい前から使われていたのでしょうか?
現存する日本最古の入れ歯は「木床義歯」で、天文7年(1538年)に亡くなった尼僧が使っていたとされています。
この木床義歯は、黄楊(つげ)の木を彫って作られています。
前歯も奥歯も木に彫ってあり、残っている歯と合うように作られていました。
奥歯の噛む部分がすり減っているのを見ると、食事中もつけたままだったようです。
もともと木床義歯は、木の仏像を彫る仏師などが彫っていたといわれています。
時間とともに「入れ歯師」の方が本職になっていったのかもしれませんね。
彼らは当時の歯医者である「口中医」とは一線を画していたようです。
「入れ歯師」は室町時代末期から江戸初期にかけて台頭し、江戸時代の中頃には、全国的に広がっていました。

江戸時代には日本独特の入れ歯の技法が完成していたようです。
材料としては、ろう石・動物の骨・象牙・人間の抜けた歯などを使用。
人工歯を黄楊(つげ)の床部にはめ込み、前歯の脇に穴を開けて、三味線の糸でつなげていたようです。
当時から日本人は高い技術を持っていたのですね。
黒柿の木を使って、お歯黒をつけているように前歯を黒くした女性用の入れ歯もありました。
悪臭を消すために、入れ歯の裏側に殺菌効果のある金箔を貼る工夫をしたものまであったようです。

「南総里見八犬伝」の作者、滝沢馬琴は大の甘党で、若い頃から虫歯に悩まされ、57歳のころには総入れ歯を使い始めたとか。
「馬琴日記」には、入れ歯を修理してもらったことも記されています。

室町時代から入れ歯が日常的に使われていたのには本当に驚きます。
自分の歯が抜けても、なんとか前と同じように健康に暮らしたいという思いは今も昔の自然なことなのですね。

ページトップ

1  2  3  4  5  6  7