TOP > 入れ歯コラム > 自費精密義歯とは

入れ歯コラム

自費精密義歯とは

義歯とは入れ歯のことで、保険を適用して治療をすることができます。
しかし、保険治療の場合は、使用する材料や器具などに制限があるので、より良い治療ができない場合がほとんどです。
噛み合わせに不具合が生じたり、安定していないので動いて痛くなったり、不快になったり、見た目も良くなかったりなど、保険治療をした入れ歯に不満を持っている人が少なくありません。
それに対して、保険では使用できない材料や器具、薬を用いて作る入れ歯のことを精密義歯といいます。技術的にレベルの高い技工士が、一人一人にぴったり合うように作ります。
口にぴたりとフィットし、噛み合わせが良く、食事も快適にできて、外見からも入れ歯とはわかりません。
保険適用外の自由診療なので、治療費は全額個人負担となります。

保険適用義歯への不満・悩み
保険適用の入れ歯治療への不満は、どのようなものがあるのでしょうか。
「入れ歯が安定せずに口の中でガタガタして、食べ物をうまく噛むことができずに、食事中にはずれてしまうことがある」
「歯ぐきにあたる部分が痛い」
「食べかすが入れ歯の中やすき間に入り込んでしまう」
「入れ歯の調整がうまくいかない」
「硬いものや弾力があるものが噛みきれない」
「食事が美味しく感じられない」
「厚み(約3~4mm)があるので口の中が狭くなったように感じる」
「たわみやすく、こわれやすい」
「汚れや臭いがつきやすく、すりへる」
「バネや針金などの異物感で口の中が不快になる」
などの不満をかかえている方が多いようです。
一番多いのが食事に関する悩みで、食べ物をよく噛むことができない、ということです。入れ歯にすると噛む力が弱くなり、自分の健康な歯で噛む時よりも約30~40%の力になってしまいます。
材料はプラスチックを使用するために、食べ物の温度がわかりにくくなります。温かいものや冷たいものなどを感じることができないので、美味しく食べることができません。
すべて、入れ歯がその人に合わないのが原因になります。

保険適用義歯と自費精密義歯の違い
保険適用の入れ歯治療は価格が安く、破損しても修理が比較的に簡単だという利点があります。
欠点は、費用を安く抑えるために材料や技術料などに制限があり最低限の入れ歯しか作ることができないので、ピッタリ合って快適な良い入れ歯に巡り会うことが困難です。
保険適用の入れ歯治療の不満を解消するために、前述したように自費での精密義歯があります。自費精密義歯は、高い技術力と良い材料で、違和感の少ない入れ歯を作ることが可能です。
歯は、全身の健康にも影響します。食べ物がうまく噛めないと内臓に負担をかけます。体のバランスも悪くなります。
自費精密義歯の費用は高額になりますが、自身の健康や快適な生活を送るために考えてみてはいかがでしょうか。


自費精密義歯の種類の一部を紹介します。

・マグフィット
残っている自分の歯に磁石にくっつきやすい金属をつけ、入れ歯に小型磁石を埋め込んで、入れ歯をしっかりと固定させる方法です。
従来の入れ歯は、残っている歯に金属のバネをかけて入れ歯を支える方法でしたが、支えの歯に負担がかかっていました。
マグフィットは自分の歯に金属を取り付けるだけなので、負担がかかりません。
また、金属と磁石が引きつけ合う性質を利用しているので、ピタッとくっつきます。
装着や取りはずしも簡単にできて、従来の入れ歯のようにバネがないのでお手入れもラクにできます。

・審美義歯
金属製のバネではなく、ナイロン弾性樹脂を使用して入れ歯を固定する方法です。
弾性があるので歯をしっかりとはさむことができて、審美性も高くなります。

・ソフトデンチャー
入れ歯の裏側の歯ぐきに接する部分を、柔らかい素材の生体性シリコーンで覆います。柔らかくクッション性があるので、しっかり噛んだ時に歯ぐきにあたっても痛くなく、吸着力にも優れています。
生体性シリコーンは変質や劣化もほとんどなく、クッション性も持続します。
今の入れ歯で痛みがある方や、よく噛めない方、外れやすい方におすすめの方法です。

・金属コバルト床
厚みが、従来のレジン床(プラスチック)の3分の1なので、口の中でも違和感がなく、装着力があり、よくなじみます。
金属だから熱伝導があるので、食べ物の温度も感じることができて食事が楽しめます。

 

 

ページトップ