TOP > 入れ歯コラム > 自分に本当に合っている入れ歯を作るなら自費精密義歯がおすすめ

入れ歯コラム

自分に本当に合っている入れ歯を作るなら自費精密義歯がおすすめ

自費精密義歯というのは、保険を利用するのではなく自費負担で、より精巧に作る入れ歯のことです。
通常の入れ歯であれば保険が適用される治療なのですが、やはり保険が適用される範囲で作ろうとすると色々な制限がかかってしまいます。
材料や技術だけではなく、治療にかかる期間もできるだけ短くすることになり、自分に合っている義歯が作れるとはとてもいえません。
 
一方、自費精密義歯であれば自分の口内の形や他の歯の状態に合わせた入れ歯を作ることができます。
 
■「本当に自分に合う入れ歯」を作るなら自費が一番
保険が適用される入れ歯であれば、治療費をとても安くおさえることができます。
ただ、保険はあくまで最低限の医療を保障するものですので、よりレベルの高い治療を受けたい場合には自費で義歯を作ることをおすすめします。
 
保険で作る義歯と自費で作る義歯の違いは、当然ながらその品質や材料に強くあらわれます。
例えば保険で作る入れ歯は、主にレジンと呼ばれるプラスチックで作られることになります。
これはとても安価で修理しやすい素材ではあるのですが、熱を感じにくい他、厚さがそれなりにあるため口内の違和感も強いのがデメリットとなります。また破損しやすいことも特徴です。
 
一方、自費精密義歯の中でも多く作られる金属床の入れ歯は、レジン床の入れ歯と比べより薄く作れるにもかかわらず壊れにくい上、熱も感じやすいので食事の際の違和感も少なくなります。
こういった材料にあらわれる違いに加えて、自費精密義歯はより自分に合っている入れ歯を作ることができるという点で保険の適用される入れ歯と大きく異なります。
 
基本的なテンプレートに添って作られることが多い保険の入れ歯と違い、自費であれば本来ひとりひとり異なっている口内の形や状態に合わせた入れ歯を作ることができます。
材質の違いと合わせれば、入れ歯としてのクオリティは自費の方がずっと高いということがよくわかりますよね。
 
保険で作る入れ歯の場合、製作のための費用を出来る限り削減しなければいけないという事情があります。
人件費もカットしていくことになりますので、じっくり患者さんと相談し、時間をかけて作るという理想的な製作過程は踏めないということになります。
入れ歯は、既製品でもサイズさえ合えば問題なく着られる服とは違います。
本当は、ひとりひとりに合わせてオーダーメイドで作る必要のある物です。
そのため健康や機能性の面からいえば自費精密義歯が理想的なのですが、それには高いコストがかかるということがネックとなっています。
 
■インプラントができない方にも自費精密義歯がおすすめ
機能性の面でも審美歯科的な視点からも、歯の治療にはインプラントがおすすめです。
ただ、骨に人工の歯根を埋め込むという治療法である以上、骨の状態などによりインプラント治療が難しいケースもあります。
また必ず手術が必要となりますので、体調を崩している方にとってもインプラント治療はおすすめできません。
その場合におすすめしたい治療が自費精密義歯です。
 
歯や歯茎の状態は患者さんによって異なりますし、何を優先して治療していきたいかも人それぞれです。
例えば見た目を一番に気にしているという方もいらっしゃるでしょうし、それよりも食事をおいしく食べられることを優先しているという方もいらっしゃるはずです。
また、入れ歯をしている際の違和感や痛みが一番軽いものを選びたいという方もいらっしゃいますよね。
 
こうした様々なニーズに応えることは、残念ながら保険適用内の入れ歯では難しいです。
自費精密義歯であれば、自費で色々な材料や技術を選ぶことができますので、本当の意味で自分に一番合っている入れ歯を作ることができます。
 
例えば、金属のバネが見えるのが嫌だ、人目を気にすることなく笑えるようになりたいという場合にはバネの見えないタイプの審美義歯がおすすめです。
見えない部分は金属で補強し、目に見える部分はプラスチックなど自然な見た目の素材で作ることで、見た目の美しさと機能性・耐久性を両立しています。
 
また、インプラント義歯という入れ歯もあります。
こちらは人工の歯根であるインプラントを埋め込むことにはなりますが、インプラント治療は最低限に抑えることができるため身体への負担も少なく、治療期間も比較的短くなることが大きなメリットとなります。
 
入れ歯といえば左右の状態の良い歯にバネなどでひっかけて固定するのが一般的ですが、インプラント義歯の場合インプラントにマグネット式の義歯を取り付ける形で固定しますので、他の歯へ負担をかけることがありません。インプラント治療として見た場合にも、状態を安定させるまでの過程が少なくて済みますので安心して治療を受けることができます。
 
インプラント義歯は元々歯があった部分に取り付けますので、他のタイプの入れ歯以上に自然な噛み合わせを取り戻すことができます。
また総入れ歯の場合もより安定性を高め、食事もしやすくなることが特徴です。

 

 

ページトップ