TOP > 入れ歯の完成・装着

入れ歯の完成・装着

模型上で作られた新しい入れ歯を、ソフトな口腔に合った臓器に変える

私たちの指示通りにつくられた入れ歯が指示書通りにできていることを確認し、患者さんの口腔に装着します。ここまでは、歯科医師の得た口腔の情報・記録を、技工士さんが指示通りに再現し、精魂こめて作ってくれます。

技工士さんが一生懸命に作ってくれた新しい入れ歯でも、小さな入れ歯とか、入れ歯の両側に天然歯があり、しっかりとバネがかかっている入れ歯などは装着時の調整はあまりいりませんが、そうではない難症例の場合は時間をかけてしっかりと調整していきます。

 

ページトップ

装着後の調整は特に慎重に

入れ歯の入った口腔では、物をぐっっと咬んだ時、歯は20μ(1000分の20mm)ほど沈みます。歯ぐきの方は、普通の歯ぐきでは200μ(1000分の200mm)、柔らかい歯ぐきでは2mmも沈みます。この事実から入れ歯で咬んだ時、歯と歯ぐきにかかる大きな力は口腔全体に単純に一様な力がかかるわけではないということです。
ですから、入れ歯はもちろん金属冠やブリッジなどの修復物を口腔内に装着した時は慎重な調整が必要となり、その後も時には調整を繰り返さねばならないことが珍しくないわけです。センサーが張り巡らされた複雑極まりない柔らかな口腔内で、入れ歯をフィットさせ装着して初めて機能を発揮します。

 

ページトップ

難症例ほどしっくりくるまで時間と回数が必要

上下に歯が少ないケース、咬み合う上下の歯がしっかりしていないケース、上下を咬んでも残った歯がすれ違いになって上下の歯で支えられないケース、一番奥の歯が少なくて入れ歯が安定しないケースでは、咬み合わせは一定の位置に決まりにくいのです。そのうえ、アゴの土台がなければなおさらのことです。

しかし概ね正しい位置で咬めるように何回か調整をしていきますと、ほぼ一定の位置に左右全体が均等に咬め、アゴの動き、運動もスムーズにできるようになります。

 

ページトップ

咬み合わせと同時に見た目も最終チェック

入れ歯の装着時には、歯の試適時に歯並びを調整しますが、更に咬み合わせの調整と平行して歯の形の最終チェックの調整をし、口元の自然さを確認します。

 

ページトップ