TOP > インプラントを使った磁石の入れ歯

インプラントを使った磁石の入れ歯

当医院では、インプラント入れ歯の無料相談会を開催しています。

インプラントを使った磁石の入れ歯(インプラント・マグネットデンチャー)とは、磁石(マグネット)の入れ歯とインプラントを組み合わせた最先端の入れ歯です。構造は、歯の代わりにインプラントを用いた、マグネット(磁石)の入れ歯で、しっかり咬めるだけでなく、あごがやせていくのを防止したり、咬み合わせの改善など様々な利点があります。また、骨が少なく固定性のインプラントが困難な場合にも適しています。

 

従来の治療法

【総入れ歯】

歯が1本も残ってなく下顎の入れ歯が動いて、よく噛めません。

マグネットデンチャーを使った治療法

【総入れ歯】

2~4本のインプラントを植え、それを支えにマグネットデンチャーを入れることによって、安定したよく噛める入れ歯になります。(上顎の場合4~6本で口蓋を覆わない入れ歯にできます)

 

【部分入れ歯】

バネが目立ってとても気になるだけでなく、その歯に負担がかからないがか心配。

【部分入れ歯】

インプラントとマグネットを併用することでよく噛めるようになるだけでなく、バネがなくなり見た目がきれいになります。しかも残っている歯に負担をかけません。

 

 

 

インプラントを使った磁石の入れ歯の治療紹介

 

 

 

 

 

ページトップ