TOP > 磁石の入れ歯

 

磁石の入れ歯

磁石の入れ歯についての説明

よくかめる磁石の入れ歯をご存知ですか?

残っているご自分の歯を使って入れ歯に磁石をとりつけます。
金属のバネがなくなるので、異物感がほとんどなくなります。
歯の無い方はインプラント(人工歯根)と組み合わせてご利用してください。なお、磁石は再利用できます。

 

義歯が外れないようにするのが磁石義歯

 

口腔内に残っている根に金属を装着し、義歯の中に入った磁石と吸着させ、義歯が外れないようにするのが磁石義歯です。

 

力を入れて噛んだ時に磁石装置による磁力でしっかり噛めます。この磁石装置は20年間大学での研究で臨床試験を重ね、安全であることが確認されて、平成6年に厚生省認可を得、一般臨床で急速に使用されるようになったものです。昨年末までに製造元の愛知製銅では140万個をつくりました。
当院でもそれ以降多くの症例を重ね、その快適性に万全の自信を持つに至っています。

 

磁石の入れ歯の利点と特徴

磁石義歯はある程度の骨で支えられている歯根の存在が必要です。
磁石が吸着するポストつきの金属を根に装着し入れ歯のその根の部分に磁石を取り付けます。そして入れ歯がぴったりと吸着します。
磁石を取り付ければ入れ歯の吸着がよくなるというよりは入れ歯全体の咬み合わせが精密に調整された前提のうえに磁石の接着が加わり入れ歯全体の吸着が良くなります。入れ歯の咬み合わせがしっかりしていないと磁石の効果は出ません。
狭い限られた範囲の中に磁石は取り付けられているので時として周りにヒビが入ったり磁石がはずれることがあるので磁石義歯を洗うときには磁石がついていることを確認しながら洗います。磁石がはずれた時は、まず相手の金属に磁石がくっついています。早めに歯科医師に連絡して磁石を入れ歯につけてもらいます。
通常のバネつきの入れ歯を使っている時、バネのかかった冠の歯冠部がムシ歯などで脱離した場合、バネのかかっていた部分に人工歯を足して修理しその部分に磁石を取り付ければバネも見えなくなり、歯を横揺れさせない磁石で快適な感覚で咬め、根もより確実に長持ちします。

 

 

ページトップ

磁石の入れ歯の治療紹介

 

 

 

 

ページトップ