TOP > 金属の入れ歯(精密金属義歯)

 

金属の入れ歯(精密金属義歯)

金属の入れ歯(精密金属義歯)についての説明

プラスチックの入歯と比べて大幅に薄くなります。

口腔内の舌があたる部分が金属でできています。口腔に金属があると痛いのではないかと心配する人がいますがその心配はなく、金属の強度と薄さのおかげで違和感は少ないです。また、バネを審美的なバネにすると金属は外から見えません。
おいしく食べ易い、味わいやすい、発音もしやすい、感覚が良い入れ歯です。
金属部分は丈夫なので薄くても割れにくいです。
精密にできているので歯や歯ぐきに適合が良く、違和感が少ないです。
装着後数年後に弱い歯が抜けたり、入れ歯の歯がとれたり、金属のバネが破折しても修理ができます。
金属床義歯は、コーヌス義歯(茶筒式義歯)、磁石義歯、審美義歯などすべての義歯に利用することができ、それぞれの義歯の使い心地を一層向上させることができます。

 

 

ページトップ

金属の入れ歯(金属床)の治療紹介

 

 

 

 

ページトップ