TOP > 当医院の自費精密入れ歯づくりへのこだわり

当医院の自費精密入れ歯づくりへのこだわり

カウンセリング

カウンセリング

患者さんのご希望を詳しくお聞きした上で、患者さんにとってベストな自費治療の方法を提案させていただきます。

その中でも、下記の点に関しては、特に詳しく相談させていただきます。
 

■患者さんが望まれる入れ歯の形

もっと薄くして欲しい。もっと小さくして欲しい。
上の入れ歯のアゴの部分の金属を無くして欲しいなど。

■治療中の要望

歯のない期間があると見た目を損なうため、歯の無いようにして欲しい。
入れ歯に慣れるまで歯を治療しないでほしい。麻酔を痛くなく、多めにして欲しい。
歯を少しでも残したい。グラついている歯は磁石の歯にして延命したいなど。

■提案させていただく治療方法の利点・欠点

■入れ歯に慣れるための必要な期間や注意点

■歯のない期間がないようにするための治療の流れ

■費用

事前に治療計画とお見積もりの作成をさせていただき、その後、治療に入ります。
大まかな費用は「入れ歯の費用」をご確認ください。

 

仮の入れ歯の装着

この期間は仮の入れ歯の調整や、咬み合わせの修正、患者さんからのご要望(上の顎の部分を削ってほしい。もっと薄くしてほしい。裏側を柔らかい材質にして、咬んでも痛くないようにしてほしいなど)に対応していき、まずは入れ歯に慣れていただきます。

また、入れ歯を一度も入れられたことのない患者さんには、徐々に装着時間を長くしていただき、数ヶ月かけて(個人差はかなりあります)入れ歯に慣れていただきます。
 

顎の部分だけの入れ歯

顎の部分だけの入れ歯

そのために、慣れないうちは入れ歯を外してもお口の中が以前と変わらない状態にしておく必要があるため、今ある歯をひとまず触らないようにします。
特に、歯が全体的に残っている方の場合は、顎の部分だけの入れ歯を入れて慣れていただきます。


そして、徐々に入れ歯に慣れてきて、違和感なく入れられる様になってきたら、見た目に問題のない奥歯から入れ歯に変えていきます。

また、前歯などの見た目に重要なところは、抜いてもその日の予約時間内に入れ歯の歯を入れていきますので、見た目に問題が出ることはありません。

このようにして、仮の入れ歯を最終的な自費の精密入れ歯の形に近づけていき、患者さんにどのような形の入れ歯が入るのかをイメージしていただきます。
 


特に咬み合わせのずれている患者様には、上記のような下の歯が平らになっていて、どこででも咬める治療用義歯を入れて、咬み合わせを修正しながら入れ歯に慣れていただきます。

自費精密入れ歯の作成

精密入れ歯の作成は、東海地方で最高峰の技術レベルを誇るジョエル技工所と提携をして作成していきます。
ですので、精密義歯の作成に入った最初の段階で、人工歯の色・形、顎の部分の色、審美のバネをどこにかけるか、入れ歯はどんな形になるかを、模型を使ってもう一度間違いのないように確認していきます。


 

個人トレーの印象

患者さんの顎の形に合わせた完全オーダーメードの型取りのトレー(個人トレー)を作ります。



 

個人トレーで最終印象

シリコンという最高の寸法精度を持つ印象材で型取りをしていきます。



 

咬合採得

大まかな咬み合わせを記録し、咬み合わせの平面(咬合平面)を決めます。


 

更に細かい咬み合わせの記録を必要とする場合は下図のようなゴシックアーチトレーサーを使用します。



 

試適

精密な咬み合わせを記録し、顎の大きさや、前歯の大きさや向きを決めていきます。



 

金属試適

最終的な、前歯・奥歯のかみ合わせのチェックと、形、色、向きのチェックと、金属部分の適合のチェックを行います。



 

完成


 

ページトップ