TOP > 松年歯科の義歯・入れ歯治療

義歯・入れ歯治療

入れ歯が合わない方、バネが見えない快適な入れ歯をご希望の方へ

「ガタガタして安定しない、咬むたびに浮き上がったり、外れたりするんです」

「入れ歯が歯肉に当たって、痛くて咬めない」

「食べたものが入れ歯の中に入ってしまう」

「何回調整しても入れ歯が合わない、何個作っても入れ歯がしっくり来ない」

「軟らかいものばっかり食べてるんです」



このような悩みを抱えて当院にいらっしゃる患者様がかなりいらっしゃいます。
皆様、相当に悩んでいることがこちらにも痛いほど伝わってきます。

患者様の入れ歯に関する悩みで最も多いのが「よく咬めない」ことだと思います。

では、なぜ、こんなにも多くの方が「咬めない入れ歯」を使っているのでしょうか?

それは「入れ歯が合ってない」からです。
合わない入れ歯になってしまう順番は次のようになります。

 

 

プラスチックの入れ歯を使う

プラスチックの入れ歯では、長期間合う入れ歯・咬める入れ歯を作ることはできないので、金属の入れ歯を使うことによって防ぎます。

 

 

入れ歯のバネをかけた歯がグラグラになってくる

無くなってしまった歯、数本分の力がバネをかけた歯にかかることによって、咬むたびに歯を抜くのと同じような力が少しずつ積み重なってくるので、ますますグラグラになってしまうのです。

 

 

グラグラになった合わない入れ歯が顎の土手に圧力を加えていくことで顎の土手が吸収していってさらに咬めなくなってくる

このような悪循環のサイクルを断ち切るために、超精密な金属の入れ歯(保険適用外)を当院では作成しております。もちろん、保険の入れ歯も作っています。

 

 

ページトップ

当院の入れ歯の特徴は次の4点です。

これ以上、歯を減らさない入れ歯

金具をかけた歯がプラスチックの入れ歯よりも何倍も長持ちし、快適に過ごすことができます。

 

金属でできているので強度があり、薄く作れ、舌感が良い

 

金属義歯は、熱の伝導性があるので、粘膜に温熱感覚が伝わるため、食べ物が美味しく感じる

 

金属でできていて、さらにバネが見えない快適で審美的な入れ歯

通常の入れ歯はクラスプという金属のバネが付いていて、そのバネを歯にかけることによって入れ歯を安定させていますが、新しいタイプのこの入れ歯には、その金属のバネがありません。
そのため、笑ったりした時に金属が「キラッ」とみえることがなく、遠眼には入れ歯を入れていることがわからないくらい目立たないのです。
この入れ歯は、バネの部分にある程度の弾力性のあるピンク色の素材を使うことで、歯に「カチッ」とはまり入れ歯が安定するのです。
このため、装着感が良く食べる時に動いたり落ちたりしません。
ぜひ一度、当医院でサンプルを手にとってみてください。

 

 

院長が大先生から受け継いだ入れ歯一筋35年の匠の技を持って対応させていただきます。

入れ歯でお困りの方は、一度ご相談下さい。
情熱を持って、一生懸命対応させていただきます。

 

 

ページトップ