TOP > 入れ歯ができるまで

入れ歯ができるまで

よく咬め、見た目の良い入れ歯ができるまで

望ましい入れ歯作り
入れ歯はまず精密な型をとり(印象といいます)、次に約一週間後咬み合わせの位置をロウでできたパラフィンワックスを盛り上げたプラスチックの装置を口腔内に入れ複雑な咬み合わせの位置を再現します(咬合採得といいます)。

そして、その数週間後に咬み合わせの位置を再現したワックスに人工歯(入れ歯の歯)を並べ、その入れ歯の歯が顔に合うのか咬み合わせがズレてないかを確認しながら色々と調整・修正します(試適といいます) 。そして最終の本物の入れ歯が完成してきて口腔で様々な調整チェックを行い、装着となります。

 

 

入れ歯はまず精密な型どりが大切

まず一回目の型どりで患者さんのあご(歯ぐきの土台)に合った精密な型を採るためのプラスチックでできた個人トレーをつくります。

二回目にはこのトレーで正式な型をとります。トレーを患者さんのあごに合わせ、あごの周囲組織の動きや唾液を飲み込んだり舌を動かしたり吸う動きなどを型どりのトレーに表し、この型に石膏を流して正式な模型をつくり、この模型上でいよいよ入れ歯をつくっていきます。ここまでの治療・作業はあごや歯ぐき・粘膜などの組織の精密な状態を現した模型をつくるためのステップです。

 

 

 

ページトップ

模型に咬み合わせや歯並びを再現

この模型の上にワックスを盛り上げた装置を作り、口腔内で慎重に人工歯を患者さんの顔に合ったように並べる基準を記録します。そして複雑な咬み合わせも再現します。この咬み合わせや人工歯の並ぶ位置を決めることにより今後の入れ歯のかみ合わせの高さ、歯の咬み方、歯の並び方がほぼ決まります。

入れ歯の完成時の最終の咬み合わせの調整は最も大切ですがその元は、この咬み合わせの治療にあります。咬み合わせを記録する治療は、患者さんに治療イスに座ってもらい緊張したなかで行われますので、日常でのリラックスした状態での咬み合わせとは微妙に異なる事もあり、最終装着時の咬み合わせの調整やその後の調整により正しい位置に落ち着かせます。装着後に食事をする場合も当然治療中の咬み合わせの咬む運動とは異なることも多いので、更に慎重な咬み合わせの調整が必要となることもあります。

 

ページトップ

咬み合わせというのは特に難症例ではなかなか一定の位置に落ち着かない

この咬み合わせの位置は、お分かりのように、おおまかには正しいのですが、非常に曖昧さ持った咬み合わせの再現という治療になります。人の咬み合わせというのは難症例になればなるほど、一定の位置におさまりにくく、上下の自分の歯でしっかり咬み合う歯がある場合は咬み合わせの位置が一定の位置に決まりやすいのですが、残った上下の歯同士の咬み合わせがない場合や上下に自分の歯が少ない人の咬み合わせは一定の位置におさまらない事が多いのです。むしろそれが普通ではないかと思います。難症例ほど常に微妙に変化しており、その時々で異なるといっていいほどです。

咬み合わせというのは、年齢が増すほど微妙に変化しているもので、通常の修復物を入れる際に調整が必要なのもこのようなことがその原因の一因と思われます。

 

ページトップ

常に微妙に動く咬み合わせを口腔内で調整・再現するのが歯科医の重要な技術

刻々と変わる咬み合わせを治療の各ステップでいかに修正・調整していくかがむしろ歯科医の重要な技術ではないかと思います。患者さんにはわかりにくいところですが、歯科医はこの咬み合わせが少しでも患者さんの楽な咬み合わせになるように、力を注ぎます。

様々なファクターが複雑に影響する口腔の問題を扱う歯科医療という分野は(一般の医科の場合ももちろん同じですが)理論重視のみでは解決されないことが多く柔軟な臨床判断が実に肝要であると思います。人の顎口腔系の全体像には、中枢神経、精神状態(ストレスは咬み合わせに大きな影響があります)、末梢神経系、筋肉の協調、顎関節、歯、歯周組織、あごの骨等の複雑きわまりない連携で成り立っています。この働き・動きはただの理論だけでは簡単に再現できないと強く認識して、患者さんと接するのが私たちの心構えです。

    

 

ページトップ

正しい咬み合わせを探すのと同時に患者さんの顔に合った歯並びを探す

この咬み合わせと同時に歯科医は患者さんの入れ歯を審美的により若々しく自然に並んだ歯をいかに並べるかの記録をワックスで形に表します。ワックスを足したり削ったり唇を閉じたり開いたり、顔全体を見ながら若々しく、自然な歯を再現するようにワックスを仕上げます。そして、技工士さんがこのワックスのふくらみに沿って歯を並べれば自然に私たちが並べたい患者さんに合った歯並びになるのです。

 

ページトップ

技工士さんが打ち合わせどおりにワックス上に歯を並べる

型をとり、咬み合わせと歯を並べる位置を決めいよいよこの決まった位置に、技工士さんが歯(人工歯)を並べます。そして各ステップで歯科医は治療で得た患者さんの情報や入れ歯づくりの様々な方針を具体的に詳しく技工指示書に記載し、技工士さんへの入れ歯づくりの指示とします。今回の咬み合わせはこのような咬み方にしてもらう、こんな歯並びに並べてもらう、維持となる歯にはこんな装置を使用するなどとこと細かに指示を出します。技工士さんは歯科医の指示と歯学の原則に従って綺麗にワックスの上に人工歯を並べていきます。

 

ページトップ

綺麗に並んだ歯を口腔内でその人に合った入れ歯に甦らせる

患者さんの雰囲気、顔の形などを見ながら、患者さんにとって審美的な歯並びを追求します。患者さんにも鏡で見てもらいながらこの作業を行います。
 

歯というのは本来、中高年になると天然歯であれば凸凹してくるのが自然です。男性のほうが凸凹度合いは大きく、女性はやさしく並んでいます。

歯の形も男性は角ばっていますが、女性は丸っぽいなど、性別も人工歯に表わします。それによって自然さが出てくるのです。あまり綺麗にならんでいても不自然です。また、あまり歯が見え過ぎたりしていてもおかしくなります。ですので以上の様なことをふまえたうえで、歯並びをチェックしながら作業を行います。

 

ページトップ