TOP > 院長による定期的な症例紹介 > 下顎に精密金属義歯+ソフトデンチャーを作成した症例

院長による定期的な症例紹介

下顎に精密金属義歯+ソフトデンチャーを作成した症例

DSC_8415.JPG   DSC_8424.JPG
この患者様は、上の歯がしっかり残っているため、咬むたびに下の入れ歯が動かされてしまい、『痛いし、入れ歯が外れて食事ができないから何とかして欲しい』と訴えられて、来院されました。

DSC_8425.JPG
早速、今使われている入れ歯を何度か修理し、何とか動かず痛くなく咬める入れ歯にしました。

DSC_8109.JPG  DSC_8112.JPG
今使っている入れ歯を参考に、新しい入れ歯を作り、その過程で外れない入れ歯を作っていきます。

DSC_9686.JPG  DSC_9695.JPG
新しい入れ歯を作り、少し入れ歯が安定しだしました。

DSC_9764.JPG  DSC_9760.JPG   
新しい入れ歯がなじんできた所を見計らって、ソフトデンチャーにするための型取りをしました。

DSC_9960.JPG  DSC_9957.JPG   
入れ歯が割れないように金属のフレームが入ったソフトデンチャーが完成しました。

DSC_9971.JPG  DSC_9984.JPG
患者様には『やっと咬めるようになった』と仰っていただきました。

 


精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。
 

 

 

ページトップ