TOP > 院長による定期的な症例紹介 > 上顎を精密金属義歯、下顎を審美精密義歯で作成した症例

院長による定期的な症例紹介

上顎を精密金属義歯、下顎を審美精密義歯で作成した症例

DSC_0608.JPG  DSC_0618.JPG
この患者様は、上の写真の様な入れ歯を下につけて、上はブリッジが奥歯の2本を残して全部とれた状態でご来院されました。

DSC_3525.JPG
ですので、早速仮の入れ歯を作り、見た目と咬み合わせの改善を行いました。

DSC_8912.JPG  DSC_8941.JPG
残っていた歯を治し、審美精密義歯を作成しました。

DSC_8923.JPG  DSC_8927.JPG
患者様からは、『久しぶりに大きな口を開けて笑える』と言っていただけました。


精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。
 

 

 

ページトップ