TOP > 院長による定期的な症例紹介

院長による定期的な症例紹介


 

上に精密金属入れ歯、下に審美入れ歯を入れた症例

1 2014.JPG   
この患者さんは、初診で上顎は今後歯がなくなっていくことが予想されたので、入れ歯を入れることを提案させていただきましたが、「今のところご自身の歯で咬むことができる」とのことでしたので、その時は入れ歯を作ることを延期されました。

2 (2).JPG
そして、それから数年後に来院され、いよいよ咬むことが出来なくなってきたので、今回は上下顎に入れ歯を作っていくことにしました。

4.JPG   3.JPG
お口の中は、しっかりした歯が右下の2本、磁石にできた歯が上下顎ともに一本ずつで、それ以外の歯はグラグラだったので入れ歯に変えていきました。

DSC_8188.JPG
入れ歯が完成しました。
上顎が金属の精密入れ歯、下顎がバネのない審美入れ歯です。

DSC_8195.JPG   DSC_8199.JPG
上下顎ともに経過は良好で、患者さんには「食事がしっかりとれる」と大変満足していただきました。
 

精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。
 

ページトップ

上下にバネのない審美入れ歯を入れた症例

DSC_5213.JPG
この患者さんは、今まで入れ歯の大きさに悩まされ続け、数年間入れ歯を入れることができませんでした。
そのため、唯一咬めていた前歯が、最近になってグラついてきてしまい、痛くて食事をとることができなくなったため、当医院を受診されました。

DSC_6300.JPG   DSC_6307.JPG
先ずは、小さめの仮の入れ歯を作り、グラついている前歯を入れ歯に変えていきました。
その後、入れ歯をさらに小さくしていくために、技工士さんと連絡を取り合いながら、プラスチックの入れ歯でできる限界まで薄く、小さくして行ったのですが、患者さんは更に小さな入れ歯を希望されたので、金属の入れ歯を作ったときにもう一回り小さくすることを約束して、入れ歯の制作に移りました。

DSC_8149.JPG
入れ歯が完成しました。
上顎は金属の精密入れ歯、下顎はバネのない審美入れ歯です。

DSC_8159.JPG   DSC_8164.JPG
上下の入れ歯ともに金属部分の設計を工夫し、薄さ、幅ともに絞り込めるところまで絞ったので、患者さんには大変満足していただけました。
 

精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。
 

ページトップ

上に精密金属入れ歯、下に審美入れ歯を入れた症例

DSC_6500.JPG   DSC_6687.JPG  
この患者さんは、前歯の磁石の歯が笑うと見えてしまうことと、下の金属のバネが気になることを主訴に来院されました。
また、上の入れ歯の裏側が気持ち悪いとのことでしたので、今回の上の入れ歯は裏側をなくすことにしました。

まずは、笑うと目立つ前歯の磁石の歯を入れ歯で隠し、見た目に問題のない状態にしました。
次に、仮の入れ歯を作り、裏側をどこまで削れば違和感がなくなるのかを患者さんと相談しながら調整していきました。

DSC_8243.JPG   DSC_8250.JPG
完成した入れ歯です。
上の歯は顎の部分のない金属の精密入れ歯、下の歯はバネのない審美入れ歯です。
上の入れ歯の裏側の顎の部分は、写真の位置で落ち着きました。
ここは、口蓋部分に骨隆起(骨のでっぱり)があったので、そこを厚みのあるプラスチックの材料で覆ってしまったために違和感がでたのだと思います。
 

精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。
 

ページトップ

上下にバネの目立たない審美入れ歯を入れた症例

DSC_0337.JPG   DSC_0352.JPG
この患者さんは、歯が全体的にグラグラしてきて食事がうまくとれないことを主訴に来院されました。
この状態では、食事だけでなく、見た目にも問題があるので、大急ぎで仮の入れ歯を作りました。
仮の入れ歯を入れてからは、この患者さんが今まで入れ歯を入れたことがなかったので、すぐに残っている歯の治療に取りかからずに、まずは入れ歯に慣れることに専念してもらいました。
その後、入れ歯を何度か調整をして、徐々に使えるようになってきたので、いよいよグラグラの歯の治療に取りかかりました。

DSC_6012.JPG   DSC_6004.JPG
グラグラの歯でも根だけにすると落ちつく歯もあるので、患者さんと相談の結果、そういった歯はマグネットにすることにしました。
そして、それ以外の歯は、プラスチックの蓋をして歯を残していくことにしました。

DSC_5998.JPG   DSC_6002.JPG
完成した入れ歯は、上顎が金属の精密入れ歯、下顎がバネのない審美入れ歯です。
患者さんには、「食事もとれるようになったし、人前で大きなお口をあけて笑えるようになった」と大満足していただきました。
 

精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。
 

ページトップ

上顎にマグネットと審美精密義歯を入れた症例

DSC_5659.JPG

この患者様は、入れ歯を入れられずに数本残っていた奥歯で咬んでいたので、ついにその奥歯がグラグラになり抜けてしまったので、歯医者が嫌いで今まで何とか避けてきたのですが、今回は勇気をもって当医院に来られました。
初診の時は右の前歯も抜けてしまいそうな状態でしたので、まずは前歯が残っているうちに、早急に仮の入れ歯を入れました。
そして、仮の入れ歯に慣れたころを見計らって、グラグラの前歯の頭を削って、そこに入れ歯の歯を入れていきました。当日でグラグラの前歯から入れ歯の前歯に変えることができたので、見た目的にも問題なく入れ歯をお使いいただくことができました。


DSC_5652.JPG

その後、グラグラの歯もなく入れ歯を使うことができるようになってきたので、患者様と改めて治療の方向性の話し合いをしました。
その結果、上の右側のややぐらついている2本の歯は、今後そのままにしておくと抜けてしまいますが、磁石にすれば長く持たせることができると判断したので、磁石にしていきました。


DSC_7512.JPG

そして、上顎には審美精密義歯、下顎は予算の関係上今回は保険の入れ歯を入れました。
審美精密義歯が入って、見た目が改善され、食事も問題なくとれるようになり、患者さんには大変喜んでいただけました。
 


精密入れ歯・審美入れ歯治療の標準的な金額は、片顎・税別35万円になります。
ケースによってはこれを超える場合があります。
それ以外の詳細なことは『料金表』を参照ください。
稀に、外れたり、割れたりすることがあります。
尚、問い合わせは『問い合わせフォーム』からお願いします。
 

ページトップ

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8